フィラリアってなに?|大型犬のフィラリア予防薬ならストロングハートの大型犬用!

フィラリアってなに?

Array

フィラリア症はストロングハートなどの医薬品を投与することで予防することができる病気ではありますが、実際に病気にかかってしまった犬や猫にはどのような症状がみられるのでしょうか?予防はしないといけないと分かっていても詳しく知らないという人も多いでしょう。
まず、フィラリア症とは、蚊が犬や猫の血を吸う際に侵入してくる虫のことを指します。虫は体内に寄生して成長を続けます。フィラリア症に感染すると、咳や息切れを起こすようになり、次第に水を異常に欲しがったり犬が大好きな散歩さえも嫌がるようになってしまいます。少し風邪をひいたのかな?と思うような症状なのですが、実はフィラリア症にかかってしまっているということもあるので、注意をしなければいけません。
フィラリアは、体内で成長を続けながら心臓や肺動脈を探しています。住み心地のよい心臓や肺動脈に到達してしまうと、犬や猫はとても危険な状態になります。放置をしておくと、臓器が正常に活動をしないため、命をおとしてしまう危険性があるのがフィラリア症です。
フィラリア症は犬に多く見られ、猫への感染は滅多に見られないと言われています。しかし、滅多に見られないからといって油断していては危険です。猫がフィラリア症に感染すると、犬よりも臓器が小さいため、体内に数匹いるだけで死に至ることもあります。感染してしまった場合は手術をして寄生虫を取り除く必要がありますが、猫の臓器はとても小さく、とても難易度の高く、手術が難しいと言われています。フィラリア症に多く感染しているのが見られるのは犬ですが、猫も対象になっているので、しっかり予防してあげるようにしましょう。
人間にとっては害がなく、もし感染してしまっても人間の体内では死滅すると言われているものですが、犬や猫にとってはとても大きな問題に繋がる病気なのです。適切な量を守り、確実に予防してあげるようにしましょう。